FPS

オンラインFPSの人気オンラインゲームを紹介していきます

無料オンラインゲーム比較ランキング

Top > FPS

オンラインゲームFPS FPS

オンラインゲームのFPSがオンラインゲームランキング上位にも登場するほど人気が出てきています。FPSは一人称視点でプレイするガンシューティングゲームです。一人称視点ということで、プレイヤーを客観的に見るのではなく、画面に映る景色そのものがプレイヤーの目線になるので、とても臨場感があります。同じシューティングゲームでもTPSだと三人称目線なので、プレイしているキャラクターを見ながらプレイします。そのため、例えば後ろに敵が来ていれば、分かりやすいですが、FPSだとキャラクターが前を向いていると当然後ろは見えないという緊張感があります。

FPSは、主にリアルを追求した戦争系のゲームが多いのですが、中にはアニメのような雰囲気のものもあります。なかなか操作も複雑で女性にはあまり人気がないのですが、アニメ風な柔らかなものは女性のプレイヤーも増えているようです。FPSはただただ戦争戦争というイメージですが、同時に多人数が参加するMMOがオンラインゲームの主流となっている昨今、FPSの戦闘も大規模なものとなっています。MMOは多人数が同時に同じサーバーにアクセスしてゲームをプレイするというネットゲームのスタイルですが、FPSにもその要素が入ってきています。そして、RPG的な要素もFPSの中に取り込まれてきています。この辺りの変化がFPSファンを増やしている理由なのかもしれませんね。

FPSを極めるには、やはりかなりのテクニックが必要です。通常のMMORPGでは、キャラクターが成長するとレベルが上がり強くなっていくし、装備する武器によっても勝敗が分かれたりします。ですが、FPSでは、個人的なテクニックや仲間との連携、そして重要なのがMAPの理解です。これらの要素が複雑に絡み合って勝敗が決まる仕組みになっているので、ほんとに腕次第という感じです。プレイ時間が長ければ成長するというゲームとも異なるので、腕に自信があればゲームを始めてすぐに上位に躍り出ることができますよ。

FPSの大きな魅力は、やはり視野の狭さです。一見、視野が狭いと、操作しづらく、慣れるまでに大変のように感じる方が多いと思います。しかし、自分自身で考えてみると、自分の視野(人間の視野)というのは決して広くはないんですよね。なんとなく180度見えるような気がしてしまいますが、実際には180度も見ることはできません。両手を真横に伸ばせばすぐに判ります。そこに腕があるような感じはあるものの、はっきりと同時に、真横に伸ばした両腕を見ることは不可能なのです。加えて、正面を見ていれば、後ろの様子を知ることができないのは当然のこと、真上や真下も見ることはできません。ですから、ちょっと強引かもしれませんが、普段の自分の視野というのが、そのままシューティングゲームに活かされているということなんですよね。後ろを見たり、下を見たり、周囲を見渡したり…は、人間は首や上半身を使って行いますが、FPSでは、代わりにボタンやパソコンのキーやマウスでそれを行っているわけです。

スポーツゲームやカーレース、アドベンチャーゲームなど、ほとんどのゲームは、三人称視点ですよね。自分が操作しているキャラクターの姿も画面に映るのが当たり前となっているのです。その認識でFPSをプレイすれば、混乱するのは当然のことですし、そもそもプレイそのものも面白く感じなくなってしまいます。しかし、FPSは一般的なゲームにあるような三人称視点ではなく、一人称視点である…ということをしっかりと認識した上でゲームに挑むことで、かなり混乱は防げるように思います。加えて、オンラインゲームでは、他プレイヤーも参加していますから、自分の敵となる存在が、NPCだけでなく、他プレイヤーとなることもあります。その場合、相手も自分と同じ一人称視点なわけですから、その相手の視界を意識することで、更に面白くなりますし、プレイの仕方も変わってきます。

例えば、敵がスナイパーを所有している場合、スナイパーはスコープでしか遠くを見ることができないわけですから、自分がその背後に近づき、罠を仕掛けたり、爆弾やナイフで攻撃することで倒すことができます。死角のある場所などでも、ただ突っ立って敵の様子を窺うのではなく、匍匐した状態で待ち伏せすれば、自分は敵の足元によってその場所を確認することができますが、逆に相手が、すぐには足元にいる自分に気づくことはほぼありません。壁や瓦礫の裏など、敵の目線からは見えない場所に隠れ、傍を敵が通った際に後ろから攻撃したり、敵に密着された場合でも、すかさず敵の視界から外れるように動き、逆に敵の後方にまわることで攻撃する機会が生まれますよね。…もちろん、これら以外にも一人称視点だからこそできる攻撃の仕方、プレイの仕方は多く存在します。確かに、操作は慣れるまで難しく思うかもしれませんが、正に、習うよりも慣れろ…の精神で、キャラクターを操作することだけに必死になるのではなく、敵を翻弄させたり、いかに敵に気づかれずに自分が優位な位置に立つようにできるか…などの戦略を考えてプレイすると、操作はまだ拙くても楽しめると思います。FPSをプレイし続けていれば、気づいた時には操作も完璧になっているでしょうしね。

また、最初にも少し触れましたが、自分が操作するキャラクターの正面からの映像がパソコンやゲーム機の画面に映し出されるというのは、その場にいるかのような感覚になりやすく、味わえる臨場感も高くなります。FPSではありませんが、ここ数年で大人気の恋愛シミュレーションゲームは、主人公である自分自身が画面に映りこむことはほとんどありませんよね。自分が操作しているキャラクター(主人公)が見る景色がそのまま画面に映されている景色であり、主人公と女の子が向かい合っている状況ならば、画面には女の子の正面の姿のみが映ります。それによって、ちょっとした擬似恋愛を楽しむことができるんですよね。女の子の可愛い表情は自分に向けられたもの、可愛い仕草は自分に対して行っているもの、女の子が手を伸ばしてくれば、それは自分に向かって手を伸ばしている…と感じやすくなり、より夢中になってゲームをプレイするわけです。FPSでも、これと正に同じようなことが起こるのです。ゲームのジャンルが違いますから、恋愛シュミレーションゲームのように、のめり込むようなことにはならないと思いますが、それでも、得られる臨場感はかなり高いですよ。

FPS What's NEW

カテゴリー

無料オンラインゲーム比較ランキング

人気の無料オンラインRPGなどオンラインゲームの人気ランキング