HOMEMMORPG/RPGバトルヴィーナス

バトルヴィーナス

バトルヴィーナスは、サブタイトルにMagic world Beginsとある通り、2013年2月26日をもってサービスを終了したマジックワールド・ビギンズの新バージョンといったところです。旧バージョンを楽しんだ方も初めてバトルヴィーナスを見た方も共に楽しめるゲームになっていますので、女神が統治する世界を舞台にした本格MMORPGを楽しんでください。

バトルヴィーナスは、臨場感あふれるグラフィックが特徴で、プレイスタイルに応じて2.5D固定モード、2.8D固定モード、3D自由モードの3種類の視点モードに切り替えてゲームを楽しむことができます。物語の要所で差し込まれるムービーもゲームを盛り上げる重要な要素です。そしてバトルヴィーナス(マジックワールド・ビギンズ)の特徴の一つであるバラエティに富んだ種族は今回も健在で、人間、エルフ、ダークエルフ、パンダの選択が可能で、それぞれに得意な職業も異なります。

バトルヴィーナスのストーリー

栄光の女神が統治する魔幻大陸は天朝と帝国の2つの勢力に二分されており、この2勢力間の戦争が繰り返し行われていた。ところが突如現れた悪魔の軍勢が世界を蹂躙し、今まで戦争を繰り返していた2つの国家は結束して悪魔と戦うこととなった。そして、悪魔の王と魔界に通じる門を封じることに成功した。

しかし、月日が流れ悪魔の記憶が次第に薄れていくのと並行して戦乱が再び巻き起こっていく。人々が絶望してしまったとき、暁の目が気が現れ、希望の光を新大陸への道として人々に指示したのだった。

これにより、天朝と帝国は再び力を合わせて新大陸への移動を試みた。新大陸にはすでに、美しく気高いエルフや東方からやってきた礼儀正しく神秘的なパンダ、自然や万物、声明を心から慈しむダークエルフなどが住んでいた。人々は彼らと急速に交流を深めていった。

しかし、住む場所が変わっても天朝と帝国の間に存在した溝を埋めることは難しく、人々は、暁の女神を信仰するグリネル王国と栄光の女神を奉ずるミラント帝国に再び分裂してしまう。両者がまさに戦争を始めようかとしていたとき、太古の昔に、その残虐な行いにより魔幻大陸を追放されたケレイヤ族の王女がかつて封印された悪魔たちの軍勢を引き連れて新大陸へと乗り込んできた。新大陸はケレイヤ軍による殺戮の場と化し、各種族たちは地獄のような苦しみを味わうこととなる。

平和のため、今、人類・エルフ・パンダ族・ダークエルフたちは協力してケレイヤ軍と戦うために動き出す。

このストーリーに沿ったクエストをクリアしながらゲームを進めることで、冒険の舞台が広がっていきます。未知なるダンジョンの探索や様々な人々との出会いを通じて、プレイヤーはこの世界の優者として成長していきます。

バトルヴィーナスの職業

バトルヴィーナスには、人間、エルフ、ダークエルフ、パンダの種族があり、これらの種族により選択できる職業が異なってきます。職業は5種類あります。

ウォーリアーは、優れた攻撃力と防御力を併せ持ち、成長のさせ方は攻撃系特化もしくは防御系特化を選ぶことができます。彼らは金属の鎧で身を固め、強力な武器と防具を自在に操ります。アーチャーは、エルフの永遠ともいえる寿命と優れた能力により形成されるもので、他の種族がどれだけ修行を積んでも同様の技能を習得することはできません。それだけ高い能力なので、彼らは絶対的な危機の中でも、局面を逆転させることができるだけの力を有しており、弓を利用して戦闘を有利に展化します。

シャーマンは、自然を愛し、深い森の中で隠れるように暮らす一族です。魔族の侵攻がきっかけで人前に姿を見せることとなりましたが、それがなければ、彼らの影すら見かけることは無かったでしょう。若干排他的で傲慢なところもあるシャーマンですが、万物を育てる自然に対しては深く敬意を抱いており、自然を冒涜するものに対しては断固とした制裁を行います。

マジシャンとは、人生のすべてを元素の研究に費やし、その力を行使するものを人々のことをいいます。彼らは魔法の杖を自在に操り、様々な属性の魔法を展化します。肉体的には他の職業より弱く身体能力は低いのですが、その手のうちから発せられる力には強大な破壊力が秘められています。

格闘家とは、武器と闘志を戦闘において巧みに使うものたちのことです。彼らは哲学を持つ守護者であり、平和の体現者でもあります。穏やかな態度を保ち、気品すら感じさせる彼らですが、汚辱や罪悪に対しては、もはや最高の域に達した至高の武威を使い、断固とした態度で立ち向かいます。なお、格闘家は、Lv60以上のキャラクターが存在し、アイテム「格闘技入門書」を使用すると作成できます。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。